何時でも何処でも簡単にタヒボ茶を作れます

タヒボNFDエッセンス
60g(2g*30包入)

タヒボNFD」エッセンスは「粉末タイプやティーバッグタイプを煮出すのが面倒」、「毎日忙しくタヒボ茶を作る時間が無い」、「作った後の出し殻を処理するのが面倒」といった様々なお客様の意見をもとに作られました。ご家庭で煮出すよりも確実にタヒボ茶エキスを摂取することが出来ます。顆粒状で、カップと水さえあれば簡単に作れるので、ご旅行など外出される時にお持ちいただけて非常に便利です。

エッセンスの製造と品質チェック

サンパウロ郊外ピラシカーバの薬用植物記念研究所の協力のもと採取された、アマゾンの特定地域に自生するタベブイア・アベラネダエの原木は、ブラジル国内の現地工場で天日乾燥され、2〜3cmの細かいチップにまでカッティングされます。その後、麻袋に入れられ保管倉庫で6ヶ月間乾燥させます。この間にブラジル連邦衛生監督庁品質ガイドラインに基づき輸出前チェックが行われます。
原料チップが日本に到着後、タヒボ茶エキスを抽出しエキスとデキストリンを混合して「タヒボNFD」エッセンスが作られます。
デキストリン (dextrin) は、数個のα-グルコースがグリコシド結合によって重合した物質の総称で、かつては糊精とも呼ばれました。粉状化粧品の固形化や、エキスの顆粒化、粘度の調整、皮膚への吸着剤として用いられます。人体に悪影響を与えず、古くから食品に利用されて食経験も十分にある極めて安全な食品素材です。安全なだけではなく、低粘、低甘味、熱および酸に対する安定性や保存のしやすさなどの物性にも優れるために広範囲の食品への応用が可能です。
製造過程での検査も厳しく行っており、エキス抽出からスプレードライ加工をしてエキス末にするまでにPH検査・菌検査・水分チェックを行います。エキス抽出からエキス末製造は食品安全基準に適合した外部の工場に委託して行っております。
コップ一杯(150cc)をエッセンス1包を溶かしてお飲みください。900ccのお湯に溶かすと従来のタヒボ茶と同様にお飲みいただけます。飲用目的に応じてエッセンスの量、および水分量は調整可能です。詳しくはご相談ください。エッセンス1包で粉末タイプ5g相当のタヒボ茶エキスが含まれます。


このような方にお勧めです

  • 毎日忙しくタヒボ茶を作る時間がない
  • 外出が多く出先でも簡単に飲みたい
  • 自分で作って有用成分「NFD」がしっかりと抽出出来るか心配
お茶タイプ以外にカプセルタイプもご用意いたしておりますが、外出先でもお茶タイプをお飲みになりたいという方にお勧めです。 通常は「粉末タイプ」や「ティーバッグタイプ」をご愛飲の方の中にもちょっと外出する時、お友達やお知り合いに、どのような味がするのか紹介する時に便利なので、併用される方が多くいらっしゃいます。是非一度お試しください。

エッセンス成分
熱量/8kcal
蛋白質/0.5g
脂質/0.7g
炭水化物/0.6g
ナトリウム/1.0mg
登録商標