タヒボ茶の有用成分が快適・健康生活を優しくサポート

よりよい生活環境の中で生活することは人間の健康を維持する上でとても大切です。皆さまの日頃の生活の様々なシーンにタヒボ茶を取り入れて、健康維持にお役立てください。
タヒボ茶にはビタミンB類、特に植物性食品から摂取が難しいとされるB12をはじめビタミンB6、その他、葉酸、ナイアシン等、体に重要な働きをする微量栄養素を含み、優しく健康をサポートします。タヒボ茶は普通のお茶と違いカフェインを含んでいません。お休み前にお飲みになられても睡眠を妨げることもありません。

花粉症にご注意

 春は多くの方々にとってとても楽しい季節ですが、花粉症をお持ちの方には最も辛い季節です。
花粉症は植物の花粉が原因となって起こるアレルギー性疾患です。 大気中には一年中何らかの花粉が舞っていて、それらによってアレルギー症状を起こす人がおられます。しかし日本で最も多いのが杉花粉による花粉症です。杉花粉は毎年2〜4月に飛散し、多くの人々にアレルギー症状をひき起こし、苦しめています。
薬を使用したり、マスクなどで花粉を避けることは、症状を緩和するために大変に効果的ですが、日頃の生活環境の改善も大変に重要です。
精神的ストレス、睡眠不足、疲労、多忙といった都市型の生活は大気汚染とともに、鼻粘膜の抵抗を弱め、正常な機能を乱す原因ともなり、花粉症の症状を悪化させると考えられています。このような悪い環境は、鼻汁の分泌能を変え、粘膜を流れる血液量を変えてしまい、異物が侵入しやすくなる原因にもなります。
生活環境を改善することは人間の健康を維持する上でとても大切なことです。皆さまの食生活の中にタヒボ茶を取り入れていただき、健康維持にお役立てください。
タヒボ茶にはビタミンB類では植物性食品から摂取することが難しいとされるB12をはじめビタミンB6、その他、葉酸、ナイアシン等、体に重要な働きをする体に無くてはならない微量栄養素を含み、優しく健康をサポートします。タヒボ茶は普通のお茶と違いカフェインが含まれていません。そのため、お休み前にお飲みになられても睡眠を妨げることもありません。

春の健康管理 天気の変化にご注意を

 「春に三日の晴れなし」といわれるよう、春は天気がとても不安定な季節です。最近では温暖化の影響もあり、3月に入ると晴れた日には初夏のような気温になる日もあります。
春一番は立春以降、日本海側の低気圧に向けて太平洋側から吹き込む南風のことですが、この春一番が吹く時期からは、北と南の高気圧がせめぎ合い、南から暖かい空気がやってきたり、真冬の空気が戻ってきたり、短い周期で天候が変化するために、しばらくの間、不安定な天気は続きます。そのためにこの時期は一年のうちで体調のを崩しやすくなります。
人間は気温が上がっただけでとても暖かいと感じてしまいます。そのためについ薄着になってしまったり、油断をしがちです。
特に、おやすみの前には寝室の温度を暖房器具で一定に保ったり、外出する時には、暖かいと感じる日でも寒さに対応できるように、冬用の上着を持って出かけるなどの対策が大切です。

健康維持には運動が欠かせません

 爽やかな季節は外に出て体を動かしたくなるものです。体を動かした後には、頭の中のもやもややイライラがなくなって、精神的に安定したという経験のある人も多いと思います。
運動による適度な肉体的な疲労感は精神的な安定は生活のリズムを規則正しくする上でとても大切です。
そして運動を継続は生活習慣病を防ぐためにも大変に役に立ちます。タヒボ茶とともに体を動かすことを健康習慣にしてみてはいかがでしょうか?
年間を通して運動をする人には特に問題にはなりませんが、普段、体を動かす機会があまりなく、体が鈍った人にはいきなり重い負荷をかけるようなことは避け、徐々に体を慣らすことが予期せぬトラブルを避けるためにも重要です。暑さが厳しいときには無理な運動はやめましょう。
猛暑日が続き体には大変厳しい季節ですが、十分な休息をとり、体をやさしくケアしてください。また、体を動かして少し疲れたときにはタヒボ茶に蜂蜜や砂糖を加え、すこし甘みをつけてもおいしくなりますのでお試しください。

水分補給を忘れずに

 気温が低く、汗をあまりかかないように感じられる時でも、連続して運動を行うと、人間の感覚以上に発汗し体は水分を失います。人間は汗をかくことにより、体温の上昇を防いで一定の状態に保ちますが、そのときに水分と同時にナトリウムなど必須ミネラルも失います。運動中には注意して水分の補給をするとともに、失われた必須栄養素の摂取も大切です。

スポーツなどで汗をかいた時に体調を整えるためにはスポーツドリンクなどが吸収が速く最適です。
そしてスポーツの後には体を優しくサポートするタヒボ茶をお役立てください。

旅行先でもタヒボ茶で健康習慣

 タヒボ茶を旅行中もお飲みになりたいという方のため、携帯に便利なカプセルタイプ「タヒボナフディン」をご用意いたしておりますので、ぜひご持参いただき、健康維持にお役立てください。
そのときに利用する飛行機の機内は地上に比べ大変に乾燥しており、体内の水分が失われ喉が乾きます。
汗をかいたという意識がなくても相当な量の水分が体内から失われています。 その結果血液の粘度が高まり血管内で詰まってしまう(エコノミー症候群) を引き起こします。
機内ではこまめに水分を補給し、簡単なストレッチをしたり、通路を歩くなどして体をこまめに動かしてください。
機内で出されるアルコール類は利尿作用により、脱水症状を助長しますので水分補給には水やオレンジジュースなどが適します。
エコノミー症候群以外に注意すべきなのが、日本と現地の気候の差です。毎年、多くの方が日本の気候・風土とは全く違う場所へ旅行されます。
日常と違う世界は、私たちに楽しさを与えてくれるのですが、無意識のうちにストレスともなります。その事が原因で体調を崩してしまう方が数多くおられます。
出発前に現地の医療機関を調べておくと、万が一の時にその知識が役に立ちます。見知らぬ土地で、体調を崩してから病院を探すことはとても大変です。もし現地で体調がおかしいと感じたら、躊躇せず速やかに医師の診断を受けましょう。
そして何より大切なのは旅行前に体調を万全な状態にしておくことです。

タヒボ武蔵野のおすすめ健康法
バランスのとれた食習慣
散歩のすすめ
ウォーキング
運動に挑戦
筋力向上トレーニング
ストレス解消法
快眠のために